読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
 

シングルマザーの住まい事情

別居 住まい

 

別居に踏み切る時、とにかくどこに住むかでまず頭を悩ませますよね。

受け入れてもらえるところがないと暮らしていけない・・。

経済的にもともと自立していて力のあるお母さんであれば、

別居に踏み切ると同時に賃貸を借りられることもあると思います。

または、夫が現住居から出ていくというパターンもあります。

 

子連れで自分が出ていく場合・・

 

実家で両親と同居

-メリット-

これができるならやはり一番おすすめです。

なんといっても子連れ別居の不安点「経済的」「子どものケア」をクリアできます。

家賃や生活費を親に入れる場合も、賃貸住宅を借りるよりも交渉可能。

きちんと子どもが保育園や学校に行き、自分が仕事で給料をもらってくる。

当面の生活設計が経済的・精神的にも見通しがつく、

というところまで住まわせてもらえるならこれが最高ですよね。

両親の離婚問題に振り回されている子どもを気にかけてくれる大人が傍にいること。

これって子どもにとってはやはり心の拠り所だと思いますし、

ひとりで子どもと向き合うよりも母である自分も随分救われることが多いかなと。

子の体調不良時や保育園の送迎のヘルプ要員になってもらえるならば、

そこをアピールして就職活動にも安心して臨める部分もあるかと思います。

自分の就職活動時も「両親と同居」がアピールできます。

(=子供の体調不良時や送迎などで融通を利かせられる)

ただ、実家で両親と同居するこれらのメリットを享受するには、

自分(と孫である子供)と、両親(祖父母)の関係性が、

最低限うまくいってることが必要です。

そして一緒に暮らすとやはり自分の実家でも、

実家ならではのやりにくい部分というのは必ず生じます。

 

-デメリット-

実家で同居のデメリット・・

文字にすると分かりやすい言葉が難しいですが、

一度出た実家です。そこに離婚予定で子連れで戻って生活する。

受け入れてもらえるならば本当にありがたいですが、

受け入れる両親(じじばば)は本当に大変だと思います。

大人が大人のペースで静かに暮らしているところに、

嫁に出た娘と、その小さな子供が帰ってくる・・。

この生活が実際どのような変化を両親に与えてしまうのかを

しっかり考えなければなりませんよね。

たとえ家賃や生活費を入れたとしても、そこは他人の家。

家事のやり方・子供に対するしつけや態度・働き方・・

実家に世話になる以上はある程度の介入を嫌とは言えません。

それが本人や子供にとってどのくらいのストレスになるかと、

実家に世話になれるかを、天秤にかけてみる時が来るとは思います。

 

そして、そもそも実家の場所は既に決定ですから、

婚姻時の住まいが近所でない限り、子どもの転園や転校が必要で、

自分も子供も慣れ親しんだ地域から「引っ越す」ことになりますね。

我が家はそうでした^^;

 

あと、保育園の入所基準の点数や児童扶養手当の計算でも、

祖父母の同居がからんできます。

世帯を分けていても(同居で自分たち母子だけが独立した世帯としても)、

同居親族がいて、その人がどれくらい所得があるかなどは詳しく申告します。

両親を自分が扶養する場合はまた違いますが、

同居する両親に所得がある場合は児童扶養手当は頂けないことが多いと聞きます。

 

自分で賃貸を借りる

-メリット-

私も数年のうちに、自力賃貸を目指しています。

なんといっても自由!!!ですよね。

自分で働いて、自分と子供で暮らす城。

自分も元夫や両親に遠慮することなく家のことを決められる。

子供も必要以上に縮みこむ必要のない暮らし。

自分の友人や子供の友達、またパートナーができたとしたら、、

と考えると大きなメリットかなと正直思います。

これができたらいいなぁと本当に思いますが、

相当安定した働き方をしていないと色々が難しい。

 

-デメリット‐

デメリットはなんといっても経済的負担の大きさです。

都市部においては所得の半分以上が家賃で消えるなんてザラです。

私の住む地域でも、2DK 木造アパートを借りても、たぶんそうです。

子供と三人で暮らせる部屋、、8万円前後の家賃相場です。

今の私では到底お支払いできません。

そしてまだ不動産の扉を叩いたことはありませんが、

シングルの友人に聞く限り、まず借りることが難しい。

むむむむ。。

 

だから私は都営住宅を狙いたい!

公営住宅は、住まいに困窮している人のための公営賃貸です。

必ず希望する地域にあるとも限りませんし、

もしあってもありえないくらい古いとか、

何年応募しても当選しない、とよく耳にします。

でも都市部では民間の賃貸の家賃相場がブラボーに高いので、

長い道のりですが私は応募し続けます。

(そもそも別居中の身ではどうひっくり返っても入居できないそうです。)

 

都営住宅の場合は、入居審査の方法もさまざまです。

また都営住宅については絶賛応募中の身からの視点で別の記事にしますね^^